マンションについての情報をお届け

高級賃貸マンションは、何も都心や地方の都市部だけに建てられているものではありません。
高級マンションであっても、少し中心部から郊外の方へ離れると、格安で借りることができる物件があったりします。
しかも、驚くほど面積が広かったり、設備も充実していたりと、お得感がたっぷりなものもあります。
ただし、このような場合、駅やバス停が遠い、コンビニやスーパーが離れているなど、何かしらのデメリットがあると思って間違いはありません。安いというものには、やはりそれなりの理由があるのです。

 

高級マンションを賃貸する場合、内装の豪華さや広さをとるのか、立地を取るのかでかなり悩む方もいらっしゃると思います。
しかし、最終的には立地でマンションを選ぶ方が多いということです。

 

それはなぜか。

 

おそらく、人間の心理が働いているのだと思います。例えば、高級住宅地に建てられたそれなりのマンションと、都市から離れた郊外に建てられた一流の高級マンションがあったとします。
どちらに高級感があるように見えるかと言うと、やはり高級住宅地に建てられたそれなりのマンションではないでしょうか。
高級住宅地という立地条件があるだけで、たとえ少し部屋の面積が狭めであっても、マンションの魅力は高まります。
しかし、最近では少し様子が変わってきています。立地や設備だけでなく『安全性』に対するニーズが高くなっているのです。これは言うまでもなく震災の影響ですね。こういった耐震性能の高いマンションは傾向として高層マンションをはじめとする高級な賃貸に見られるようです。もし、タワー系のマンションが苦手な方は低層の耐震マンションがおすすめです。

 

逆に、郊外にある高級マンションはたとえ部屋が広く、設備が充実していたとしても、高級住宅地にあるものと比べると、どうしても感覚的に見劣りするような気がします。しかし、郊外での静かなくらいが良いという方も大勢います。そういう人にとっては、郊外にあり、安く借りることができるマンションは魅力あるものであると思います。